釉薬の2重掛け(いちえん流重ね掛け)の問題点

2013.12.17 Tuesday
釉薬の相性
流れる釉薬(例白萩系、飴、織部、黄緑、孔雀等)同士の重ね掛けは、特に注意する。しかしいちえん流重ね掛けではこれをクリアーした。高台まで全掛けして道具土で目土する。








高台近くまで流れていますがきれいでしょう。!!
 

コメント
コメントする








   

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

記事検索

表示中の記事

カテゴリー

過去記事

最新のコメント

  • 枚方市工房いちえん陶芸教室の練り込み
    和田
  • 貫入のない粉引の器について
    ue34ge

プロフィール

その他

QRコード