いちえん流重ね掛けの色と紋様について

2014.02.21 Friday
いちえん流重ね掛け(釉薬の2重掛け)をすることにより、発色する色と紋様を説明します。
先ず流れる釉薬同志の色は次のようです。
 
 下掛け釉薬が流れる場合の色と紋様は次のようです。
 
 
 
 
 下掛け釉薬、上掛け釉薬共に流れない場合は次のようです。
 
 
 まだ組合せは多々ありますが代表的なものを紹介しました。現物の食器で見ると又違った印象があると思います。
今後も紹介していきます。重ね掛けの主な表情は釉薬の流れだと思います。私は流れない釉薬同士の変化(紋様)
に興味を持っています。今後もチャレンジしていきます。
 


 

コメント
コメントする








   

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

記事検索

表示中の記事

カテゴリー

過去記事

最新のコメント

  • 枚方市工房いちえん陶芸教室の練り込み
    和田
  • 貫入のない粉引の器について
    ue34ge

プロフィール

その他

QRコード