いちえん流重ね掛け 作品集(4)

2014.04.22 Tuesday

重ね掛けは釉薬に含まれている酸化金属により、幻想的な色が現れる。この輪花鉢はクローム、銅、鉄、コバルト等により赤、緑、青色が万華鏡のように綺麗な色を呈している。特に青色と赤色が美しいと思う。この色を出すには、酸化金属の比重が重いので釉薬に含まれている釉薬の攪拌がポイントとなる。上釉薬の濃度もあまり濃くない方が色が鮮やかに出る。

20140417_085937

高台も釉薬垂れず綺麗です。

20140417_085946


コメント
コメントする








   

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

記事検索

表示中の記事

カテゴリー

過去記事

最新のコメント

  • 枚方市工房いちえん陶芸教室の練り込み
    和田
  • 貫入のない粉引の器について
    ue34ge

プロフィール

その他

QRコード