いちえん流重ね掛け 作品集(5)

2014.05.16 Friday

釉薬同士の重ね掛けは、非常に難しいと思います。

唯釉薬の上に釉薬を掛けて、予想外の変化が現れる事も

ありますが、少なくとも各釉薬の成分・濃度・焼成方法・

上掛けか下掛けかの選択・重ね掛けのタイミング・乾燥状況

等調べる事は非常に多いと思います。しかし組合せは多岐に

渡りチャンスは非常に多いと思います

私が目標としているのは、今までの陶器に無い色を何とか

出したいなと日々研究しています。

今回は孔雀が羽を伸ばしている状況をイメージして作成

しました。

20140417_090351

20140417_090402


コメント
コメントする








   

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

記事検索

表示中の記事

カテゴリー

過去記事

最新のコメント

  • 枚方市工房いちえん陶芸教室の練り込み
    和田
  • 貫入のない粉引の器について
    ue34ge

プロフィール

その他

QRコード